ストリーム 下取り

ストリームを下取りに出すと損?得?

一般的に下取りでメリットの車は限られています。
下取りというと、そこの店舗で乗り換える車を購入するため、
店舗側にも新車販売というメリットがありますので、査定額も色つけてくれるだろう。
なんて思っている方も多いですが、これは大きな間違い。

 

店舗側もわざわざ利益を減らすようなことはしませんし、
下取りでメリットのある車って限られているんです。

 

・20万キロ前後の超過走行車
・15年落ち以上の年代車
・事故車、不動車

 

上記のような廃車にするしかないような車。
これがメリットがある車ですね。

 

そのような車は買取業者で買取を依頼しても、査定額はつかないどころか引き取りすら拒否されます。
しかし、そのような車の場合、下取りだと1,2万円の査定額がつくケースが多いです。
(多分その分値引き分から差し引いているので実質タダで引き取り)

 

10万キロ前後とかまだまだ買取業者も買い取ってくれるような車の場合は、
下取りでは買取業者に売却した方が高い査定額がつきます。

 

他にも、車はその車種を欲しがっている業者に売るべきです。
つまりストリームを欲しがっている、探している業者です。

 

車を買うなら安く売っている店舗を探すことと同じように、
車を高く売るのなら高く買い取ってくれる業者を探さなくてはなりません。
それがストリームを欲しがっている業者ということになりますね。

 

このような業者を探すには、単純に数打つしかありません。
片っ端から買取業者に査定してもらって査定額を比較するということです。

 

しかしとても時間がかかりますし、何より面倒くさいですよね。
そこで利用したいのが「一括査定サービス」です。

更新履歴


このページの先頭へ戻る